酒田市モシエノ大学

イベントレポート

【酒田市大沢地区地域おこし協力隊 阿部彩人さん】「人と何か」を新しく繋げることで、庄内を「もっとおもしぇぐ(面白く)したい」

4

第54回モシエノ大學の講師は、酒田市大沢地区で地域おこし協力隊として活動する阿部彩人さんでした。

 

阿部さんは、酒田市大沢地区の山添で毎月1回開催されている情報交換の会「土曜クラブ」のテーマであり、国道344号線沿いに掲示されている看板の標語「まずあづばろぜ、しゃべろぜ、ようしやろぜ」という言葉をプリントしたパーカーを着て登場。

 

阿部さんが生活と活動の拠点にしている酒田市大沢地区は、酒田から真室川に抜ける、通称「青沢越え」の道中である山間の地域で、荒瀬川が流れる自然豊かな地域です。

最初に伺ったのは、阿部さんが大沢での活動の中心に据えている大沢の「大」文字の話です。

 

大沢地区の中心、大沢コミュニティーセンターから見える山に描かれた「大」の文字。これは大沢地区でこの山の土地を所有する「じょんざぶろ」の後藤重喜さんが、2004年に大沢小学校の児童たちを激励するために、個人的に草刈りをして描いたものとのこと。2012年に後藤さんが亡くなってからも、大沢地区君畑に住む遠田君雄さんがその意志を継ぎ、年に数度草刈りをして「大」文字を守っているとのことでした。今年2018年、阿部さんを含む大沢コミュニティ振興会の皆さんが、故・後藤さんの念願でもあった「大」文字のライトアップを実施。それに合わせて開催された大沢「大」文字まづりは大きな話題を呼びました。

 

●酒田市・大沢地区の山には、Google Mapsの航空写真でも見える「大」文字がある。その草刈りに密着。翌日の大沢地区大運動会で、その「大」文字が綺麗に映えた。 -ayateck Local Stories
http://ayateck.hatenablog.com/entry/daimonji_undoukai2018

 

●酒田市・大沢地区の山の「大」文字にライトを設置、点灯に成功!大沢地区の方々の行動力と実行力に感服。そして感動。 – ayateck Local Stories
http://ayateck.hatenablog.com/entry/daimonji_light2018

 

1980年に酒田市漆曽根に生まれた阿部さんは、野球と相撲が大好きでした。舞の海に憧れ、力士になりたいという夢を持ち、子供の頃は毎日お父さんと相撲に励みました。その後、平田中学校、酒田東高校で陸上競技と勉強に励みながらも、日々東京に対する憧れを募らせます。大学進学の際に掲げた目標は「国公立の東京の大学」。受験勉強を頑張り倒し、一橋大学へ入学しました。大学時代は東京都北区にある庄内人出身者の寮、「荘内館」で生活を送ります。大学に行けば標準語、寮に帰ったら庄内弁という生活の中で、徐々に庄内弁の親しみやすさに気付き始めます。

 

大学卒業後はエンタメ業界への憧れから、当時Yahoo!!BBのインターネット回線で「BBTV」サービスを提供していたソフトバンク・ブロードメディア株式会社に入社。サービスメインの仕事がやりたいという阿部さんの希望に反して、配属は「経営企画部」。数字と向き合い続ける生活のストレスから、毎日コーラを飲む生活が始まりました。結果、阿部さんは24歳にして糖尿病になって入院してしまいます。これが阿部さんの人生のターニングポイントでした。「やりたくないことを無理してやってストレスを溜めるくらいだったら、人間いつ死ぬかわからないし、やりたいことをやろうと思った」と阿部さんは笑います。

 

その後、モバイルサイト運営会社「魔法のiらんど」に転職。当時大きな流行を迎えていたケータイ小説『恋空』のコンピレーションCDを企画したりと、念願のエンタメ業界でどんどん活躍していきました。その後、株式会社アスキー・メディアワークスで出版コミックの営業部として勤めた後、EMTG株式会社に転職。メジャーアーティストのWEBサイト、ファンクラブサイトの運営を行なっていました。

 

「地元の素晴らしさを感じるようになったのは、地元を離れて、東京に住みだしてから」と語る阿部さん。初めて帰省した大学1年の夏休み、地元に住んでいたときには何とも思わなかった鳥海山の美しさや、地元の食の豊かさと魅力に驚きました。徐々に「山形・庄内」に対して愛情を持った阿部さんは、東京で「山形」にフォーカスを当てたイベントや会合に参加するだけでなく、仕事の合間を縫って、自ら庄内の魅力を発信する活動をするようになりました。

 

2008年から酒田や渋谷で「もっけだフェスティバル」「もっけだナイト」を開催。「音楽」「庄内弁」「芋煮」の3つを中心に据えた、山形の魅力を集めたイベントでした。その他にも、庄内弁ドラマ「んめちゃ!」を作ったり、山形ソウルフードの芋煮のテーマソング「芋煮 de ハーモニー」を制作するなど、東京にいるからこその目線で山形を盛り上げていきました。

 

●【庄内弁ドラマ】んめちゃ! 第1話「おら、庄内弁がわからねえ!」(ロケ地:山形県酒田市など)
https://youtu.be/LoXsL1wrT-4

 

●「芋煮 de ハーモニー」Music Video – “Imoni de Harmony”
https://youtu.be/Hq-TqDLirwg

 

2014年にはヤマガタ未来ラボ主催の「ヤマガタユアターンサミット」に参加。これが人生2度目のターニングポイントだったと阿部さんは語ります。そのイベントで、実際に山形や庄内にUターンした人の話を聞くことで、実際に庄内に帰った先の生活を段々とイメージし始めました。2020年の東京オリンピックの後に酒田にUターンすることをざっくりイメージし始め、阿部さんの山形・庄内を盛り上げる活動も一層の熱を帯びていきました。

 

そして2018年2月、離婚をきっかけに、山形へのUターンを決意。高校時代の先輩で、遊佐町の地域おこし協力隊として活躍していた和島経輔さんの活動を見て、自分もWEBや音楽・映像といった、東京で培ったスキルを活かして地元に貢献したい!という気持ちから、大沢地区の地域おこし協力隊に応募し、合格。晴れて19年ぶりに山形県民となりました。

 

現在は酒田市大沢地区下黒沢に住みながら、大沢の伝統文化・行事をYouTubeやブログ等で紹介をしたり、2018年の夏には前述の大沢「大」文字まづりを開催。阿部さんが地域おこし協力隊として赴任してから制作された庄内弁ドラマの最新作「んめちゃ!〜LOCAL HEROES〜」は大沢地区の住民が一丸となって作ったと言えるほど、大沢の魅力が詰まったものになっています。

 

●【庄内の風景。】伝承行事「虫送り」@酒田市・大沢地区 大平沢八幡神社〜大平沢地区内
https://youtu.be/CtkNjXy4t4A
●【庄内弁ドラマ最新話】んめちゃ!~LOCAL HEROES~
https://youtu.be/NMnXHogE2Aw

 

「どんなコミュニティにも馴染んでいくコツはありますか?」という質問に、阿部さんは「当たり前のことなんだけど、礼に始まり礼に終わることじゃないですかね」と答えます。当たり前の挨拶や、何かを誰かにしてもらったときのお礼をきちんとすること。また、庄内弁で話すことで地域住民との親近感が湧くとのことで、改めて「庄内弁の強さ」を感じたとのことです。

 

地域おこしの任期終了後は大沢でビジネスを生み出すべく、「合同会社おおさわ」(仮)を設立し、『大沢「大」文字』特産品の開発と販売、農家民宿・レストランの運営や開業支援、音楽イベント開催、ホームページ制作やチラシデザインなどを行っていくことを目標にしています。地区外からも社員を募集して大沢への移住を進め、ゆくゆくは、大沢の人口を少しでも増やしていくことに寄与したいとのことでした。

 

ビジネスを生み出す第一歩として、阿部さんは今年、大沢の農家さんたちから1トンのお米を購入。独自のブランディングでその米に付加価値を付けれないか、実際の米販売を通して日々試行錯誤しています。

 

「阿部さんにとって『仕事』とはなんですか?」という最後の質問には、『「人と人」「人ともの」「人と地域」といった、「人と何か」を新しく繋げることで世の中がもっと面白くなる実感がある。それを続けていった結果として、庄内を「もっとおもしぇぐ(面白く)したい」んです。』と締めくくっていただきました。

 

対談終了後には、阿部さんが作詞・作曲を行った「芋煮 de ハーモニー」を会場のみんなで踊りました。

 

様々な人生経験を経て大沢での暮らしに辿り着いた阿部さん。東京や庄内、色んな場面で阿部さんが感じてきたことを大沢地域に一生懸命落とし込もうと、日々阿部さんは走り回っています。「大沢地区の一番のいいところはなんですか?」という客席からの質問に阿部さんが答えた「大沢は地域を良くしようと思っている大人がめちゃくちゃ多くて、僕の思いつきに対して否定されたことは一度もなくて、おもしぇがらやっが!という空気が流れているところです」という言葉が特に印象的でした

 

色んなことで大沢を盛り上げたいと動く阿部さんの気持ちを受け入れ「面白そうだからやってみよう!」という心のフットワークの軽さで迎える大沢地区の皆さん。まさに阿部さんが着ていたパーカーの言葉の通り、「あづばろぜ、しゃべろぜ。やろぜ(集まろうぜ、喋ろうぜ、やろうぜ)」のマインドが大沢にはあると感じました。その噛み合った熱量が動かしていくであろう、これからの大沢地区がとても楽しみです!

 

モシエノ大學ではこれからも酒田市大沢地区を応援し、注目していきます!
阿部さん、もっけでした!(ありがとうございました!)

 

【酒田MUSIC FACTORY】

0234-24-8502

male@mfinfo.jp

【モシエノ大學HP】

http://moshieno.com/

【モシエノ大學twitter】

https://twitter.com/moshieno

【モシエノ大學LINE】

@moshieno でID検索

1 2 3 5 6 7 8

主催

日本西海岸計画

酒田MUSIC FACTORY ミュージックファクトリー

後援

酒田市

制作

  • YUJI MATSUURA
  • YUTO SATO
  • TOSHIMITSU IKEDA
  • YUKI IKEDA
  • MAKOTO WATANABE
  • MAIKO KUMAZAWA
  • TAKAYOSHI KATSUTA
  • YUUSUKE SASAKI
  • YUKI NAKAMURA
  • SOHEI MIURA
  • YUTA SATO
  • TAKATOSHI HAGA
  • 米シスト庄内
  • Favol
  • チェンジザワールド
  • 町屋建築設計室
  • Myco. House
  • Waft hair&make
  • 底上げYouth
  • FUN MORE DESIGN
  • 東北に若者の雇用を作る株式会社
  • Olive Freaks
  • 東北公益文科大学 平尾研究室
  • 庄内コンシェルジュ

スペシャルサンクス

  • 酒田東高等学校
  • 酒田西高等学校
  • 酒田光陵高等学校
  • 酒田南高等学校
  • 天真学園高等学校
  • 加茂水産高等学校
  • 鶴岡工業高等学校
  • 鶴岡中央高等学校
  • 庄内農業高等学校
  • 庄内総合高等学校
  • 鶴岡東高等学校
  • 遊佐高等学校
  • 東北公益文科大学
  • 彫燕
  • HOWL
  • GambolFabric.
  • ホリタイヤタイヤ1番店
  • TSUTAYA酒田店
  • TSUTAYA酒田北店
  • 天咲の癒
  • JANKY's
  • hair+make jade
  • ホテルイン酒田
  • カラオケmaimu中町店
  • 鈴木モータース
  • Vomme
  • タイヤ館酒田
  • 満月
  • サイクルポート
  • Mischievous Boy
  • CLOVER
  • custom garage Drop Kick
  • FUN★K
  • ダイナム酒田店
  • Keystone
  • 酒田ステーションホテル
  • gaudy
  • 庄内ホルモン
  • hair saron mau
  • 靴とバックのフミヤ
  • UNION JACK COLLECTOR
  • ファイテンショップ酒田
  • CAFE POM+
  • un's hair design
  • 五十嵐製麺
  • りーる
  • wark
  • 黒猫魔術店
  • なんだ屋
  • 新星堂鶴岡店
  • UP&UP
  • BAR TRASH
  • BAR ZERO
  • VACATION
  • CD-brain
  • Hair MAKE DEDAU
  • anvil
  • POPO
  • VASTVARIATION
  • Surprise
  • お宝中古市場鶴岡店
  • BLUE HEART
  • Copernicus
  • CUTE RACING
  • 鷹乃巣
  • 戸田書店三川店

【お問合せ】酒田ミュージックファクトリー 0234-24-8502

©MOSHIENO UNIVERSITY